雑学・豆知識

ビールの売り子の面接の服装や髪の色は?面接内容についてまとめ

ビールを飲みながら野球観戦をする人のために、球場内でビールを売り子が歩き売りしています。その中にはおのののかさんなど、芸能界を目指しているような子もいるぐらいかわいい子が増えていますね。そんなビールの売り子を目指している人も多くいますが、面接のときの服装や髪の色について知りたい人も多くいます。

ビールの売り子の面接時のおすすめの服装や髪の色や、面接の内容についてまとめました。良かったらご覧ください。

ビールの売り子の面接時のおすすめの服装や髪の色は?

ビールの売り子の面接時の服装ですが、動きやすい服装がいいです。面接のときに実際に樽を背負って階段を昇降させられる場合があります。背負えなかったからといって、即不採用とはなりませんが、マイナスにはなります。中にはスカートやヒール高めのブーツで面接に行く人もいますが、Gパンにスニーカーなど、動きやすい服装で行った方がいいでしょう。

その他でいうと、清潔感がない、奇抜で落ち着きがない、など一般的に仕事をする人として印象の良くない服装は避けるべきですね。

髪の毛の色については、黒でなくてはならないというものではありません。派手過ぎない色であれば染めていても問題ありません。メイクもナチュラルメイクにしておけば、問題ありません。

勘違いしてはいけないのは、ビールの売り子は販売員です。ホステスのような華やかさはTPOにあっていません。服装や髪型はその人の印象を決めるときに重要な要因ではありますが、基本はその人が人当たりがいいかが大きく影響します。そのため、まずは笑顔で元気にしっかりと面接官の問いに答えられればいいでしょう。

ビールの売り子の面接の具体的な内容は?

服装や髪の色についてまとめました。ビールお売り子の面接の具体的な内容としては次のようなことは聞かれます。これらの質問は、ビールの売り子だからというよりは、普通に仕事やバイトで面接するときに聞かれることなので、しっかり準備しておきましょう。

  • 志望動機
  • 自己PR
  • 勤務時間

ビールお売り子の志望動機と自己PR

志望動機で間違ってはいけないのは、「お金がほしいから」「野球を見ながら仕事をしたいから」などといった、自分本位過ぎる内容です。ビールの売り子は仕事なので、その認識をしっかり持った志望動機にすべきです。

また自己PRで話す内容は「私はまじめです!」「私は忍耐力があります」といった「私は○○な人間です」という話ではありません。「私は○○ができます」という風に、あなたが何をできる人間なのかを話しましょう。

志望動機と自己PRが一貫しているのがベストです。「私は○○ができます。だから、この力を△△△のように活かせるビールの売り子をしたいです。」という話ができると面接官としては聞きやすいでしょう。こういう風にしっかり答えられると、服装や髪の色はまったく気にならなくなりますね。むしろギャップがあって、より良く見えるようになるかも(笑)

ビールお売り子の勤務時間

勤務時間はとても重要です。雇う側としてはなるべく多く入ってもらいたいからです。もちろん募集条件に「週1OK」といった記述があった場合、応募することに問題はありません。じゃあ週1しか入らない子と、週4で入ってくれる子と、どっちが雇いやすいですか?週4で入ってくれると、常連と仲良くなりやすいし、仕事の覚えも早いです。また職場内のコミュニケーションも円滑になります。これだけメリットがあるなら週4の子を雇うのは当たり前ですね。

嘘をついたり、無理をして週4入いれると言え、というわけではありませんよ。条件が合えば、週1でも大丈夫でしょうが、どちらがより受かりやすいかというと、という話なので、ここは正直に答えたほうがいいですよ。

最後に

ビールの売り子の服装や髪の色についてまとめました。また面接のときの具体的内容についても触れました。

様々な理由や思惑がってビールの売り子を目指していると思いますが、「仕事」という意識をしっかりもって面接に臨めば大丈夫です。

 

スポンサーリンク

-雑学・豆知識
-, , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.