アニメ・漫画

カウボーイビバップのジュリアは死亡したのか?【最後語った言葉とは】

カウボーイビバップのスパイクの過去話でチラチラ出てくるジュリア。

そのジュリアの最後についてまとめています。

かなりネタバレを含んでいるので、読む方は要注意です!

 

カウボーイビバップのジュリアについてネタバレ

初登場回は何話?

ジュリアが初登場したのは、なんと最終話の前編である第25話「ザ・リアルフォーク・ブルース(前編)」です。

厳密には、第12話「ジュビター・ジャズ(前編)」でスパイクの記憶で登場しますが、ちゃんと登場したのは第25話なんですよね。

 

スパイクとの関係は?

スパイクとは恋人関係ですが、元々はジュリアはビシャスの恋人でしたが、怪我を負ったスパイクを看病するうちに、お互いが惹かれあっていきました。

そしてスパイクは組織を抜けて、どこかに逃げようとしていました。

逃げるためにスパイクが任務で死を偽装して、その後待ち合わせ場所で合流して、一緒に逃げる算段でした。

しかしその思惑はビシャスにバレており、ジュリアは待ち合わせ場所には行かずに、2人は離れ離れになることに。

そして第25話でようやく再開を果たしたというわけです。

 

カウボーイビバップのジュリアは死亡したのか?【最後語った言葉とは】

ジュリアは死亡したのか?

第26話「ザ・リアルフォーク・ブルース(後編)」でジュリアは死亡しました。

それはジュリアを看取ったスパイクが組織を潰すために出かけようとした時、ジェットに「女のためか?」と聞かれた時スパイクが「死んだ女のためにしてやれることはねぇよ」と返していたことからもわかります。

 

ジュリアが最後に語った言葉とは?

スパイクとジュリアが組織のおってから逃げている時、あと一歩で逃げ切れるかどうかというところで、ジュリアは撃たれてしまいます。

すぐにスパイクがジュリアを抱き起こしますが、もう話すこともできないような状態でした。

そして、最後にスパイクをみて「これは夢ね」と、言葉を投げかけて息を引き取りました。

 

まとめ

カウボーイビバップのジュリアの最後についてまとめました。

あまり登場することもなかったのに、かなり重要キャラで、結局死亡して退場という、割とかわいそうな配役のキャラクターでした。

ジュリアを主体とした話がないので、個人的にはジュリアに感情移入ができず、あまりジュリアが死亡したシーンではあまり感動できなかったですね・・・。

ジュリアのことを嫌っている人もいるようなので、ジュリアの最後は他の視聴者的にはありなんでしょうかね(笑)

 

関連記事:カウボーイビバップのジュリアがめちゃくちゃ嫌われている件

 

 

スポンサーリンク

-アニメ・漫画

error: Content is protected !!