アニメ・漫画

犬夜叉とかごめの子供は漫画かアニメで見られる?特別編では?

犬夜叉は高橋留美子さんが週刊少年サンデーで連載した漫画です。

戦国時代を舞台にし、半妖である犬夜叉と女子中学生日暮かごめの「四魂の玉」を巡る冒険活劇として人気を博しました。

原作単行本は全56巻が発売され、アニメ化もされた人気作品です。

奈落の死と四魂の玉の消滅により、犬夜叉と日暮かごめの戦いの日々は終わり告げます。その後日談として、日暮かごめは犬夜叉の住む戦国時代での暮らしを選択し、二人は寄り添うように生活をしていきます。

ここで話題となったのが、犬夜叉と日暮かごめの子供の存在です。弥勒と珊瑚の間には3人の子供がいましたが、犬夜叉と日暮かごめの間の子供は漫画で見られるのでしょうか?

犬夜叉とかごめの子供は漫画で見られる?

 

View this post on Instagram

 

InuYashaさん(@_iinuyashaa)がシェアした投稿 -

最終刊である56巻の最終話で犬夜叉と日暮かごめの穏やかな生活が描写されましたが、犬夜叉と日暮かごめの子供の存在はありません。

最終話は四魂の玉が消滅してから3年後の話になります。その間は犬夜叉と日暮かごめは、お互いの世界を行き来することができなくなり、離れ離れに生活をしていました。しかし犬夜叉に会いたい思いが井戸に通じて、犬夜叉と再会することができました。かごめの戦国時代での生活が始まった頃の話なのです。

つまりは、犬夜叉と日暮かごめが夫婦として過ごした期間はそれほど長くありませんので、子供が生まれるはずはありませんね。

犬夜叉とかごめの子供が特別編の漫画で見られる?

漫画「犬夜叉」は単行本としては全56巻ですが、ワイド版は全30巻です。このワイド版の最終刊30巻には、特別編として単行本では描かれなかった、最終話の「その後」が語られていました。

しかし、そこでも犬夜叉とかごめの子供の描写はありませんでした。最終話の「その後」はかごめが戦国時代で生活を初めて、半年後の話です。その時点では妊娠しているような描写もなく、まだ子供は生まれていませんでした。

犬夜叉の特別編ってどんな話?

犬夜叉とかごめが一緒に生活を初めて平和な半年が過ぎました。そのときに50年前に桔梗によって封印された根の首という妖怪が出てきます。桔梗絡みということで、かごめに変に気を遣う犬夜叉と、それを察して不機嫌になるかごめは、奈落を追いかけていたころの二人のようでした。最後には互いにもっと信じ合おうということで終わりを迎えました。

1話だけとはいえ、留美子ワールド全開のこの話は結構好きですね。素直じゃない男子と無茶をする女子を描かせると、ちょうど良い具合で絡ませてくれるから、高橋留美子さんの作品はいいですね(笑)

犬夜叉とかごめの子供をアニメでは見られる?

漫画「犬夜叉」はアニメ化もされており、2編で構成されています。漫画の最終話に値するのが、「犬夜叉 完結編」シリーズ(全26話)です。

このアニメの最終回ですが、かなり原作をそのままアニメにした話でした。つまり、アニメでも犬夜叉とかごめの子供は見ることができないということです。

中々珍しい最終回でした。というのも、かなり原作に忠実に作っていたことです。普通多少画角が変わっていたり、表現が変わっていたりするんですが、原作の再現率が高くて、軽くデジャブってしまいましたね(笑)

弥勒と珊瑚の子供は漫画で見られる?

 

View this post on Instagram

 

InuYashaさん(@_iinuyashaa)がシェアした投稿 -

犬夜叉やかごめと共に、奈落討伐の旅を続けていた、弥勒と珊瑚の子供はどうでしょうか?

原作30巻第4話で、奈落の討伐後に弥勒の風穴がなくなったとき、珊瑚と共に生きたいとプロポーズをした弥勒ですが、その約束はちゃんと果たしていました。弥勒と珊瑚は、3人の子供に恵まれていました。

子供達は犬夜叉を「いーぬー」と耳を引っ張っていましたが、それに耐えていた犬夜叉にびっくりですね(笑)連載初期のころから考えると、ずいぶんと丸くなった気がします。

最後に

犬夜叉とかごめの子供を漫画で確認できるか?と取材しましたが、二人の間に子供を確認することができませんでした。ただ弥勒と珊瑚の二人には3人の子宝に恵まれていましたが、さすが弥勒さまと思ったのは私だけではないはず(笑)

ちなみに、最終話で、犬夜叉の兄である殺生丸のことをかごめが「お義兄さん(おにいさん)!」と呼びかけていたのは面白かったです(笑)それに対して殺生丸は嫌な顔をするぐらいになっているところを見ると、かなり丸くなっていますね。これも全てりんちゃんのおかげですね!

スポンサーリンク

-アニメ・漫画
-, , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.