トレンドニュース

永野芽郁と坂口健太郎が怪奇現象に遭遇!?仮面病棟の撮影の恐怖体験とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

*my favorite*(@_st.mni)がシェアした投稿 -

永野芽郁さんと坂口健太郎さんが出演する「仮面病棟」が2020年3月6日に公開されますね。

『仮面病棟』は、作家・知念実希人による日本のミステリ小説で、2014年12月5日に実業之日本社文庫から刊行されました。

また2019年12月9日から「LINEマンガ」に連載されるなど人気を博しており、原作は100万部突破のベストセラーとなっています。

そんな仮面病棟において永野芽郁と坂口健太郎が「仮面病棟」の撮影で怪奇現象に遭遇したとZIPのインタビューに回答。

坂口健太郎さんが次のように語りました。

坂口健太郎「カットがかかったら(永野芽郁が)『勝手に電気がついた』と」

永野芽郁「なに!どうして!?なにここ!?ってなりました(笑)」

坂口健太郎「そう話しているうちに照明部の人がガチャって入ってきたら、(勝手についた電気は)センサーライトだった」

・・・まあ、そういうオチでした。

 

スポンサーリンク

-トレンドニュース

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.