雑学・豆知識

黒電話は停電でも使えるのはなぜ?電源不要で災害時も使えるか?

黒電話は停電でも使えるって知ってましたか?ほとんどが知らないと思います。というか20歳以下ぐらいの人で黒電話すら知らない人もいるんじゃないでしょうか。

もし黒電話が停電でも使えると知っていたとしても、なぜ使えるのか説明できますか?「なんとなく電気がいらなさそうな感じ」の人もいるんじゃないかと思います。

知らなくても生活に支障はありませんが、災害時などに知っておくと役に立つかもしれないので、一読してくれるとありがたいです。

黒電話が停電でも使える理由は?

黒電話は停電でも使えるのはなぜ?電源不要で災害時も使えるか?

黒電話が停電でも使える理由は、ズバリ電源が不要だからです。電気がいらないのではなく、電源が不要というところに注意ですね。

黒電話で電話をかける場合でも受ける場合でも電気は必要ですが、各家庭でコンセントから電源をもらうわけではありません。電源は電話線から直接もらっています。そのため例え、家や周囲が停電になった場合でも、電話線に電気が通っていれば通話することができるのです。

電話をかける際も、ダイヤルするだけで電話線にON/OFFで電話番号を通知できますし、電話を受けるときは、向こうからの信号で動作するだけですので、電話線だけの電源で通話できます。

黒電話で電話をかける仕組みについては関連記事に記載しているのでそちらを参照ください。

しかし、必ずしも黒電話は停電時に使用できるわけではありません。

ひかり回線に黒電話を接続している場合は?

ひかり回線ルーターを使って黒電話を接続している場合は、ひかり回線ルーターに給電されないため、停電時には使用することができません。そのため、黒電話が停電時に使用できるのは、電話線と黒電話が直接つながっている場合に限ります。

黒電話以外の電話は停電時には使えないのか?

黒電話は停電時に使えるなら、万が一のために黒電話に変えよう!とまで発想が飛躍する人はいないと思いますが、もしいたら、ちょっと待ってください。

先ほど説明した通り、黒電話が使用する電気は電話線から給電されているので、電源は不要としました。実は、黒電話以外にも当てはまります。

最近のプッシュ型の電話であっても、最低限の通話機能は使えるものがあります。例えば次のような3つのものは、停電時にでも親機なら通話することができます。


パナソニック デジタルコードレス電話機 子機1台付き 1.9GHz DECT準拠方式 ホワイト VE-GD26DL-W


パナソニック デジタルコードレス電話機 子機1台付き 迷惑防止機能搭載 ホワイト VE-GD66DL-W


パナソニック デジタルコードレス電話機 子機1台付き 迷惑電話対策機能搭載 シルバー VE-GD36DL-S

ただし、最低限の通話機能だけなので、例えば留守番電話機能などの付属機能は使用できないと思ってください。またひかり回線ルーターに接続している場合も同様に、コンセントからの給電がないと使用できないので、注意が必要です。

東日本大震災で「黒電話」が停電でも使えると見直された

2011年3月11日に発生した東日本大震災を機に停電でも使える「黒電話」の需要が高まったという経緯があります。そのため最近の電話にも、電源不要で通話だけでもできるような機能が搭載されてきたのだろうと思います。

最後に

黒電話が停電でも使える理由について説明しました。ただし、最近の電話でも最低限の通話ができるものもあるので、万が一を考えた場合も、最近の電話を選択してもいいと思います。ただ停電時にも使える電話があるというのを知っておくだけで、いざという時の対応が変わるので、頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

-雑学・豆知識
-, , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.