バラエティ番組 マツコ会議

マツコ会議に自粛後のテレビ界に潜入しました!未来のテレビのあり方を楽しみます!

 

2020年5月23日、マツコ会議が2ヵ月ぶりに収録再開しました。

 

今回、マツコ会議がYouTubeのトップ・ヒカキンさんとリモートで自粛以来のテレビ界について、Youtuberの生活と仕事を潜入しました!

 

興味ある方はぜひこの記事を読んでくださいね!

 

 

 

マツコ会議が自粛後の「マツコの生活」に潜入しました!

 

 

自粛要請によって、テレビの収録はだいぶん減りました。

 

それで、マツコさんの生活も大きな変化ができました。

 

一番深刻なのは、まさか引退後のことまで真剣に考え始まったということです。

 

マツコさんは、もし将来引退したら、地元に戻り、山ごもりの生活を送るつもりです

 

マツコの自粛生活は大変ですね!(笑)

 

話を戻して、自粛生活で、マツコさんのみならず、ほとんどの人も労働意欲が低下しました。

 

マツコさんの場合には、マツコさんはほぼ毎日YouTube漬けでした。

 

ちなみに、マツコさんの一番見ているYouTubeは「保護猫」「古民家リフォーム」の関連ビデオだそうです。

 

 

マツコ会議が「自粛後のYouTube」に潜入しました!

 

 

マツコ会議がYouTubeの再生回数の統計に潜入しました!

 

ネット上の統計によれば、自粛期間中のYouTubeの再生回数は著しく上昇しました。

 

2019年4月のYouTubeの総再生回数は約124億回でした

 

しかし、2020年4月の総再生回数は約230億回です

 

つまり、約95億回上周りしました!!

 

驚く数字ですわ!

 

この流れに乗れば、5月分はさらに上昇するのでしょう。

 

マツコ会議が自粛のYouTubeの影響範囲に潜入しました!

 

ヒカキンさんによると、確かにYouTubeの総再生回数はだいぶん増えましたが、全部のYoutuberがその船に乗っているわけではありません。

 

Youtuberの間に、ジャングルによって、それぞれの影響ができました。

 

アウトドア系のYoutuberたちは、自粛要請でなかなか新しい動画撮影ができないため、投稿がほとんど更新されていないままです。

 

大打撃でしたね!

 

一方、インドア系のYoutuberたちは、場所制限がないため、ヒカキンさんのように毎日動画投稿している方もいるし、3日一回更新している方もいます。

 

また、インドア系のYouTubeの内容は基本的に家でできるものがメインなので、ステイホームの今には視聴者の自宅楽しみにいい提案ともなりますね!

 

 

 

マツコ会議が「自粛後の心境変化」に潜入しました!

 

 

マツコ会議が「自粛後の仕事観」に潜入しました!

 

皆さんの中で、リモートでできない仕事に就いている方もいらっしゃいますよね!

 

マツコさんもその一員です。

 

自粛要請が発令されて以来、マツコさんの仕事もだいぶん減りました。

 

そこで、マツコさんは仕事の大切さを痛感しました

 

私もそう思います。

 

昔は「この仕事に私が必要だ」とおもっていましたが、今は「私にこの仕事が必要だ」と改めて気づきました。

 

たまにもこのようにこれまでの「当たり前」を見直しても悪くないと思いますね!

 

マツコ会議が「自粛後の生活観」に潜入しました!

 

ヒカキンさんは自粛以来、自宅にいる時間が一気に増えたと表明しました。

 

それで、ヒカキンさんは最近「時間の使え方」についていろいろを考えているそうです。

 

それに対して、マツコさんは今の在宅時間が「人間の向上心と欲を試される時間」だと考えています。

 

皆さんはどう思いますか?

 

マツコ会議が「YouTubeの年齢問題」に潜入しました!

 

ヒカキンさんの公式プロフィールによれば、彼は今31歳です。

 

もし普通のサラリーマンなら、まだ全然若いですよね!

 

しかし、YouTubeの世界に、ヒカキンさんはすでに最年長のYoutuberになりました

 

言い換えれば、現在YouTubeの世界は10代~20代が主体となっています。

 

 

マツコ会議が「未来のテレビのあり方」に潜入しました!

 

 

現在インスタやTik Tokなど動画投稿サイトは大人気となっています。

 

自粛要請はそれをさらに強く押しました。

 

そして、ある面白い現象が起こりました。

 

YouTubeで有名になった人はテレビ番組にもどんどん顔を出して、さらに番組のレギュラーになったこともあります。

 

同時に、テレビ業界の人はインスタやYouTube公式チャンネルを始めりました。

 

両方ともYouTubeとテレビの間に行ったり来たりしています

 

そう考えると、将来のテレビ視聴者を育成するために、恐らくYouTubeは未来のテレビのお手本となりかねますね!

 

 

SNS上の久しぶりの新・マツコ会議へのメッセージ

 

 

久しぶりの新収録のマツコ会議に、SNS上の視聴者レビューも喜んでいるようです。

 

 

 

 

 

最後に:未来のテレビのあり方を楽しみます

 

将来のテレビ番組は一体どうなりますか?

 

あるいは、将来の「テレビ」という今年言葉の意味はどういうふうに変わりますか?

 

YouTubeはとても面白いですが、テレビ番組に向いていないところも多く秘めています。

 

また、YouTubeで、AI技術と組み合わせれば、本来にそこにいないゲストでも「いる」ように映えます。

 

それで、今のように誰でも自由に発信できる、自由に動画投稿できる時代が終わりかねます。

 

同様に、テレビ業界の慣行にもYouTubeに向いていないところがたくさんあるので、完全に今のままで行くと現在の楽しいYouTubeの世界も楽しくなくなるかもしれません。

 

でも、どのような「未来のテレビのあり方」でも、楽しみます。(笑)

スポンサーリンク

-バラエティ番組, マツコ会議

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.