バラエティ番組 マツコの知らない世界

マツコの知らない世界で紹介された「スイカの世界」と「仏像の世界」!甘い夏をしませんか?

 

2020年8月18日、マツコの知らない世界ではW世界が紹介してくれました。

 

一つは「音で楽しむスイカの世界」でしたが、もう一つは「仏像の世界」でした。

 

興味ある方はぜひご笑覧くださいね!(笑)

 

 

 

マツコの知らない「スイカの世界」

 

 

今夜「スイカの世界」を紹介してくれる案内人は自称「スイカの絶対音感を持つ男」・佐藤タケルさんでした。

 

佐藤さんは全国を巡り、これまで1,000玉を食べてきました。

 

今夜、佐藤さんはスイカならではの音の楽しめる方を紹介してくれました。

 

マツコの知らない「スイカの魅力」

 

近年、実に、カットスイカとスイカジュースの売り上げが急増しています

 

スーパーでは様々なカットスイカを含めているフルーツバックを販売しています。

 

また、最近国際スーパースターのビヨンスさんもスイカジュースに投資し始まりました。

 

しかも結構儲けるそうですね!

 

特に最近独身世帯が増えることにつれて、玉売りよりもカットのほうが売れやすくなってきました。

 

なお、美容健康界の最新研究によれば、スイカの中に、血流改善に良いと思われる成分「シトルリン」の量がとても多いそうです。

 

なんと100gあたり約180gが含まれています

 

ただし、カットスイカやスイカジュースの場合なら、手間がかかりますし、劣化も早いため、シトルリンの質が保証できません。

 

そのため、佐藤さんは「玉買い」をオススメされています!

 

そうすると、スイカならではのキレイな音も楽しめますよ!(笑)

 

 

マツコの知らない「音で楽しむスイカ3選」

 

マツコの知らない「叩いた時のボンボン音」ーー日田 山田原すいか(大分県)

 

スイカを買うとき、多くの方々はボンボンと叩いていますよね!

 

しかし、なぜスイカは叩くものなのかをご存知ですか?

 

実に、そのボンボン音からスイカの中の空洞化程度が分かります

 

今回特別紹介されたのは大分県のふりや重石農園の「日田 山田原すいか」でした。

 

同じ品種でしたが、そのボンボン音は全然違います。

 

佐藤さんによれば、低音は空洞があるサインですが、高音はスイカの中がぐっと詰まっている証拠です

 

一般的に、多くの方々は高音がするスイカを買っています。

 

しかし、佐藤さんは低音のほうがスイカの特有な味が濃いと主張していました。

 

なぜなら、それはそのスイカの栄養が自分の成長速度より上周ったからです。

 

ただし、その同時に、低音がするスイカの劣化も一般のスイカより早いため、基本的には産地直送がオススメです。

 

 

マツコの知らない「切った時のブチブチ音」ーーかりゆしすいか(沖縄県)

 

佐藤さんはスイカを切った時のブチブチ音が一番たまりませんね!

 

今夜、そのブチブチ音を再現するために、佐藤さんは特別に沖縄県のかりゆしすいか農園の「かりゆしすいか」を用意しました!

 

確かに、一般的に、昼夜温度差が大きいほど、スイカが甘くなります

 

そのため、沖縄県は熱帯にありますが、スイカの栽培には一番向いていないと言われています。

 

しかし、かりゆし農園はそれを突破し、糖分の乗りが良いかりゆしすいかを栽培しました!

 

佐藤さんによれば、そのブチブチ音がはっきりするほど、スイカの糖分の乗りが良くします

 

勉強になりました!(笑)

 

 

マツコの知らない「食べた時のシャリシャリ音」ーー尾花沢甘さ一番すいか(山形県)

 

スイカのシャリシャリ音は佐藤さんの二番目たまらないものですね!

 

今夜、佐藤さんは一番シャリシャリ・山形県の笹原農園の「尾花沢甘さ一番すいか」を紹介してくれました。

 

ただし、残念ながら、スタジオにはうまくその音を拾いられませんでした。(笑)

 

どうぞご想像にお任せください。

 

佐藤さんによれば、そのシャリシャリ音からスイカの細胞のバランスが分かります

 

バランスが良くできるほど、あっさりのシャリシャリ音がします。

 

聞きたくなりました!(笑)

 

 

マツコの知らない「業界上位の革命スイカ2選」

 

マツコの知らない「タネミニ化のスイカ」ーーピノ・カール

 

日本農家は16年がかかり、ようやくタネが一般のスイカの4分の1サイズになるスイカを栽培できました!

 

その商品名は「ピノ・カール」です。

 

去年から全国発送となるそうです。

 

スイカのタネが苦手な方はぜひご賞味ください。

 

 

マツコの知らない「超甘いスイカ」――金色羅皇

 

これは2021年発売予定のスイカです。

 

一般的に、桃の糖度が9-13ですが、「金色羅皇」の糖度はなんと13~15度です!

 

超甘いでしょう!

 

 

 

マツコの知らない「仏像の世界」

 

 

今夜、「仏像の世界」の案内人は自称「自宅で250体以上の仏像を所有している」高校生・宮沢汰佳でした。

 

宮沢さんは幼稚園から13年間毎日2時間で石粉粘土を用いて、0から仏像を製作していました。

 

彼女にとって、仏像の最大な魅力ポイントは「男女の枠を超えた美しさ」です。

 

近年、宗教にかかわらず、インテリア用の仏像が人気になっているそうです。

 

表参道にもその専門店があるそうです。

 

その中で、最も人気なのは「猫仏」らしいです!

 

今夜、宮沢さんは1万体の仏像から「表情が愛しい胸キュン」の3体を厳選し、紹介してくれました。

 

 

マツコの知らない「表情が愛しい胸キュン仏像」①ーー興福寺・阿修羅像

 

恐らく多くの方は阿修羅像を見たことがありますよね!

 

しかし、興福寺の阿修羅像は特別的です。

 

まず、興福寺の阿修羅像は正真正銘の3面仏です

 

どちらの顔でもしっかり独自の表情がしますし、それぞれの姿態もあります。

 

宮沢さんによれば、もしよく見ると、幼少期、青春期および思春期のそれぞれの表情も見えますね!

 

また、その阿修羅像は光明皇后のかなわない思いが含まれている一説があります

 

光明皇后の実のお子様がなくなった後、その子を記念するために、皇后は興福寺の阿修羅像を出資したそうです。

 

多分その阿修羅像の微妙な切ない表情の原因はこれでしょう。

 

 

マツコの知らない「表情が愛しい胸キュン仏像」②ーー安倍文殊院・善財童子像

 

安倍文殊院の善財童子像はその真っ直ぐな瞳で一度見られたら、すぐに虜になりそうです。

 

しかも、そのポーズもかなり興味深いですね!(笑)

 

まあ、写真を見たら分かりますよね!

 

言葉にはなりませんけどね!(笑)

 

 

マツコの知らない「表情が愛しい胸キュン仏像」③ーー淨瑠璃寺・吉祥天女像

 

一般的な天女像は、よく大人しい顔がしますよね!

 

しかし、淨瑠璃寺の「吉祥天女像」にはちょっと妙に人間っぽく見えます。

 

淨瑠璃寺の「吉祥天女像」は美しさの中に少々ツンデレ感がありますから。

 

個人的には、このような天女像のほうが好きかもしれませんね!(笑)

 

 

 

SNSにもスイカのスタッフラリーが開催中かもしれません⁈

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に:スイカをください~~~!

 

 

今年は猛暑日ばかりですわ!

 

スイカをめちゃくちゃ食べたくなりますわ!

 

特に今回放送後は尚更でした!

 

ただし、今年コロナで収入が激減されたから、スイカは再び「贅沢品」に戻る気がしますね!

 

皆さんが良いスイカに出会うように祈ります!

 

スポンサーリンク

-バラエティ番組, マツコの知らない世界

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.