バラエティ番組 マツコの知らない世界

マツコの知らない世界で紹介された「昭和ポップスの世界」!音楽は時代を越えるものです!

 

2020年4月28日、マツコの知らない世界は「昭和ポップスの世界」へ訪れました。

 

実は、今の若者に昭和ポップスが大人気らしいですね!

 

今夜、平成生まれ昭和ポップスで育ちのゲスト・高橋昌太郎さんとさにーさんが昭和ポップスの素敵さを紹介してくれます。

 

ポップスに興味ある方はぜひご覧ください。

 

 

 

マツコの知らない「昭和ポップスの人気理由」

 

 

もちろん、マツコさんは昭和世代として、昭和名曲に関する知識がとても豊富です。

 

ただし、バブルのことを教科書以外ほとんど知らない平成世代の私たちにとって、昭和ポップスの人気理由は別でした。

 

それは、「日本が一番元気だった時代の『華やかな』、『共有感』に憧れること」です。

 

この時代の「華」の代表作は沢山研二さんの「勝手にしやがれ」でしょう。

 

この曲はリリース以来、数多くの歌手もカバーしたことがあります。

 

今世界中にも大人気の山下智久さんも、名俳優の及川光博さんも、さらにカバーしましたよ!

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by K-Taro (@keitaro.com590) on

 

 

 

 

マツコの知らない昭和ポップスの「華やかな」ポイント①:レコーディングは生演奏でした!

 

昭和ポップスの1番目の素敵さは「レコーディングが一流ミュージシャンの生演奏だ」というところです。

 

ここで、「勝手にしやがれ」を例に挙げて説明します。

 

当時のレコーディング現場と現在のとは大きな違いがあります。

 

それは、昭和ポップスの中に、生演奏のほうが多いということです。

 

現在のレコーディング現場では、バンドとボーカルは別々で作業を進んでいるパターンがメインですが、昭和時代は違います。

 

当時のレコーディングは生演奏だし、しかも一流のミュージシャンに行われたものなので、完全に毎回でも絶対同じものしか出さないことがほぼ不可能です。

 

そのため、最後にレーザーディスクに収録されたバージョンは一度限りの宝物と呼ばれるケースもあります。

 

マツコの知らない昭和ポップスの「華やかな」ポイント②:生放送の歌番組が毎日放送でした!

 

今の歌番組は何ヵ月ぶりに一回の生放送を行いますが、昭和時代の歌番組はほぼ毎日生放送でした

 

そのため、視聴者には毎日素敵なポップスミュージに包まれている雰囲気で暮らしていきました

 

同時に、当時のアーティストたちは「自分の音楽の夢を毎日確実に追いかけている」ということを肌で感じていました

 

まさにウイン・ウイン状態でしたね!

 

その点は、今の若者および芸能人たちは憧れている理由ではないでしょうか。

 

 

マツコの知らない昭和ポップスの「共有感」ポイント①:世代を問わず知られてる曲が多いです!

 

今のアイドルやアニメキャラクターが盛んでいる世界中において、割と誰でも知っている曲はそれほど多くないです

 

その中に、誰でも共鳴ができる曲はさらに少ないです。

 

しかし、昭和ポップスの魅力の一つは、ただインストロを流すだけで、誰でもすぐに「あ~あの曲だね~懐かしいわ~」と共鳴してくれます

 

その妙な「共有感」といおうか、「一体感」といおうか、すごい感動していますね!

 

特に当時の音楽による社会現象ブームをあまり体験していない平成世代には、憧れしかできませんね!

 

 

マツコの知らない昭和ポップスの「共有感」ポイント②:イントロが流れると青春時代に戻れる

 

それはさにーさんが行きつけの昭和歌謡バーでのお話しです。

 

ある日、たまたまにさにーさんの会社がある昭和歌謡バーで飲み会を開催しました。

 

ちょうどそのとき、ある名曲のイントロが流れました。

 

そして、隣の男性社員は普段と全然違うキャラに変わりました。

 

少年みたいお互いの肩を組んで、思いやり大声で歌い始まりました。

 

とても盛り上がった飲み会ですね!

 

いくら年を取っても、あの時代の曲やイントロを聞くと、魔法のように青春時代に戻れるものですね!

 

 

 

マツコの知らない「世界でも大人気な1970~80年代の名曲たち」

 

 

昭和世代の皆さん、「君は1000%」という曲がご存知でしょうか?

 

昭和61年リリースの大人気ものですが、今実は海外でも大流行しているらしいです。

 

このように、洋楽を取り組んで独自進化してゆき、日本の1970~80年代の昭和名曲は次々と海外で大流行になっていますよ!

 

例えば、現在韓国のライブハウスで、「君は1000%」はかなりの看板曲となっているそうです。

 

また、番組の取材によれば、実際に今その音楽をより知るために、日本に訪れる外国人もいるようです。

 

取材中に、渋谷にある「Music bar 45」では、山下達郎さんの曲が大好きで、「For You」全アルバムをスマホに入れている外国人にも出会いました。

 

彼によれば、昔ロンドンのバーで竹内先生まりやさんの曲がよく聞こえていたことをきっかけに、日本の昭和ポップスに興味を持ち始めたそうです。

 

現在、海外のDJの努力のおかげで、イベントやパーティー会場で日本のポップスが流れる時代が迎えました!

 

昭和ポップスは時代を越えるだけでなく、国境も越えますね!

 

 

 

マツコの知らない「イントロの世界」

 

 

近年大人気の「レモン」や「まちがいさかし」などにある共通点があります。

 

皆さん、お気づきましたか?

 

それは、「イントロがない」ということです。

 

スマホで音楽を聴く現在には、たとえイントロが入っても、スッと飛ばす人が結構います。

 

そのため、イントロがそもそもない曲のほうが「聞きやすい」「流行りやすい」とも言われています

 

しかし、よくよく考えると、そもそもイントロが何のためにつく作られたのでしょう?

 

高橋さんとさにーさんによれば、実際にイントロこそ昭和ポップスの最大の武器です!

 

昭和ポップスのイントロはたった数秒で心を掴むという魔法の力を持っているようです!

 

彼達の紹介によって、イントロは基本的に作曲家ではなく、編曲家から書かれるものです。

 

しかも、ここで、ある驚く事実が公開されました。

 

それは、「曲の創作の中で、編曲家の才能は一番問われるかもしれません」ということです。

 

なぜなら、編曲家は常に楽器の組み合わせを考え、イントロですぐに人の耳と心を掴まなけばなりませんからです。

 

ただし、編曲家の名前はほとんどテレビで紹介されていません。

 

また、曲がたくさん作られても、編曲は法律的に創作活動などに認められませんので、印税がほとんど入っていません

 

どんなに切ない話しでしたよね!

 

マツコの知らないマニアのイントロベスト①:「君は1000%」

 

さにーさんの紹介によれば、このイントロの魅力は、「イントロだけで夏の到来を感じさせる爽快感にたまらない」というところです。

 

しかも、そのPVの冒頭部分で、なんと衝撃的な魚のイラストも登場しました!

 

それはどのような夏物語なんでしょうかな。

 

 

マツコの知らないマニアのイントロベスト②:「そして僕は途方に暮れる」

 

シンプルなリズムですが、たとえPVの画面を見なくても、映画のエンドロールが流れるように感じるところは最大なポイントです。

 

また、イントロで無機質に聞こえる風の音は実に人が弾いたものです!

 

それに、歌詞もすごい良いと思います。

 

昔ババとよく一緒に聞いていましたね!

 

ドライブデートなら、オススメですよ!

 

 

マツコの知らないマニアのイントロベスト③:「ルビーの指輪」

 

これはもう昭和世代なら誰でも知っている名曲中の名曲ですね!

 

当時の音楽ランキング番組「ザ・ベストテン」でなんと連続12週1位になっていました

 

未だにこの記録がまだ破られていません。

 

このイントロの魅力は「何時間でも連続聞けるギター演奏」です。

 

寺尾さんが作詞したちょっと色気ある歌詞も、独特な歌声も、今でも人々の心を揺らしていますね!

 

ちなみに、連続11週第1位のお祝いとして、特別出演が行われました。

 

その舞台セットは、視聴者よりもらったリクエストハガキを一枚一枚で繋がって、円形に並べて作られ巨大なレコードでした

 

もちろん、レコードマシンの他の部品も全部揃えました。

 

そして、寺尾さんはそのぐるぐる回転している巨大レコードの中心に立って歌いました!

 

 

マツコの知らない「イントロベスト」④:「魅せられる」

 

これは「レコード大賞」をもらったもう一本の昭和名曲です。

 

当時、誰でもこのようなイントロとメロディーを聞いたことがないから、リリースしたすぐに人々の心を掴みました

 

確かに「魅せられる」ですね!(笑)

 

ここで、番組は昭和ポップスをたくさん紹介してくれたお二人にサプライズを用意しました。

 

最初は普通にイントロが流れてきましたが、突然にセットが変わって、本物のジュディ・オングさんが特別登場してくれました!

 

しかも、衣裳も特別に長いバージョンになされました!

 

とてもありがたかったですね!

 

 

 

 

昭和ポップスはSNS上に「2次ブーム」となっていますよ!

 

今回の番組をきっかけに、筆者も少しSNSで「昭和ポップス」をキーワードに検索してみました。

 

そして、SNS上の若者からの情熱に驚かれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に:音楽は時を越える力の持ち主です!

 

 

筆者も平成生まれ昭和育ちの年下の友達がいます。

 

彼たちは毎日洋楽と昭和ポップスを同じように楽しんでいます。

 

彼たちはよくこういうふうに言っています。

 

「私たちはとてもラッキーな人です。」

 

「今、うちで親から昭和の魅力を教えて、そして私たちはスマホとデジタルミュージックの楽しさを教えます。」

 

血のつながり以外、もう一つの結びができて、良かったですね!

 

そして、今度こそ、平成ポップスも頑張って、令和以降の世代でも盛り上がってもらうようにね!

スポンサーリンク

-バラエティ番組, マツコの知らない世界

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.