バラエティ番組 マツコの知らない世界

マツコの知らない世界で着物のコーディネートを紹介!着物警察よ恥を知れ。

2020年01月28日に放送のマツコの知らない世界で着物の世界が紹介されました。

最近、着物を着てる人と言うのは少なくなってきました。

そんな着物にスポットライトを当てた今回の企画は、タンスの中にしまい込んでいる古い着物を見事にコーディネートする方法を紹介してくれましたね。

着物を着ようかなと思う人は是非参考にしてください。

マツコの知らない世界で古い着物のコーディネートを紹介

SNS世代で観光地で着られるレンタル着物が人気になっており、ひそかに着物がブームになっています。

そんなマツコの知らない着物の世界の案内人は着物コーディネーターの池田由紀子さんです。

着物の世界の案内人は着物コーディネーターの池田由紀子さん

池田さんはIKKOさんの新作着物をデザインをしている着物コーディネーターです。

IKKOさんは池田由紀子さんの母君の池田薫子さんの頃から関わりがあるようで、IKKOさんがテレビによく出るようになる前に、着物雑誌などで仕事をしていた時からの付き合いだそうです。

池田薫子さんは古着着物が古くてダサイと言うイメージがあったのに対して、世間に古着着物の魅力を広めた第一人者です。

着物警察を恐れないで

着物を着たいと思う20代女性は80%ほどいますが、実際に来たことがある女性は多くありません。

その原因に「着物警察」の存在があるようです。

着物警察と言うのは、初心者に対してダメ出しする着物上級者のことです。

着物の着方や柄などに対して、あーでもない、こーでもないといちいち指摘してくる、いわゆる老害と言う存在です。

そのためSNS上では「知らない女性に突然注意された」などと言う声が相次いでいます。

洋服と同じように着物を選ぶような感覚で構わないので、着物警察を恐れないでほしいと池田さんは主張します。

関連記事:着物警察についての詳細。「着物警察を恐れないで」と簡単に言わないで

池田由紀子さんが紹介する池田流コーディネート術

着物は柄や帯が注目されがちですが、小物として帯留めもとてもかわいいものがあります。

マツコの知らない世界では翡翠や宝石をあしらったような帯留めが紹介されていました。

明治9年に廃刀令があり、刀を作れなくなった鍛冶職人たちが作り始めたのが帯留めでで、刀鍛冶の技術が帯留めに活かされて発展してきました。

そんな帯留めを使えば着物の装いに遊び心を加えることができます。

帯留めの合わせ方

帯留めの合わせ方のポイントは2つあります。

  1. 着物や帯の柄と同じモチーフを選びましょう。
  2. 着物や帯の柄に関連したモチーフを選ぶ。

小物なので全体のバランスを崩すことなく、ワンポイントとして入れるのがポイントですね。

帯や半襟や帯揚げの選び方

着物自体の色が派手な場合は、帯を黒くしたり色味を抑えてスタイリッシュにすることがポイントです。

また犬などのキャラクターがついている帯を使用してもいいでしょう。

また半襟や帯揚げなど着物の柄と小物の色を合わせると良いでしょう。

柄が小さな着物だと、柄の大きな帯を使うことでメリハリのある装いにできます。

帯の合わせ方は着物と同系色を選び統一感を出すか、逆に反対色(黒か白)で締めるといいでしょう。

家になくとも骨董市で掘り出し物が買えるかも

家に古着の着物がない方でも、骨董市に行けば着物が手に入るケースがあります。

掘り出し物が数千円で買えたりもしますよ。

マツコの知らない世界で超貴重な着物にマツコ大興奮!?

着物黄金時代といわれている、大正から昭和初期の着物がいくつか紹介されていましたね。

着物もトレンドがあり、柄を見ればいつ頃作られた着物かがわかるようですね。

大正時代は海外の文化を積極的に取り入れた柄が多く、まるでステンドグラスのような着物になっています。

ギラギラしているけれども、下品じゃない着物になっているのがすごいところです。

また風景をそのまま着物に移すと言うのは着物の伝統的な作り方で、大正時代の着物にはスキーをしている人の柄が描かれていました。

伝来したばかりのスキーを描いた大胆さがあります。

大正時代に発展したSLをモチーフにした着物もありました。

大正時代には様々な柄の着物があったため、昭和初期は大正時代の反動でシンプルな柄が流行になっています。

最後に:着物警察よ恥を知れ

マツコの知らない世界で着物について紹介されていました。

新品は高くて買えないという方は、母や祖母の着物を上手にコーディネートしましょう。

2019年の新成人は、ママ振りが人気で着物をリメイクしたり小物で今風の着こなしをしていました。

池田さん曰くそれが本来の着物の着方とのことです。

洋服が主流になっているファッション業界で着物にスポットが当たり始めるんじゃないでしょうか。

そうなると邪魔なのが着物警察ですね。

本人たちは善意や伝統を守るなどの主張をしそうですが、ただの迷惑行為ですね。

自分たちだって初心者の頃があったはずなのに、そういう気持ちを忘れてしまっているかわいそうな人たちですね。

関連記事:着物警察の詳細。3つの撃退方法とは?

スポンサーリンク

-バラエティ番組, マツコの知らない世界

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.