バラエティ番組 マツコの知らない世界

マツコの知らない世界で紹介された「としまえんの世界」と「予言ビジネスの世界」!案外と面白いですね!

 

2020年8月4日、マツコの知らない世界は「さようなら~としまえんの世界」と「ビッグマネー~予言ビジネスの世界」のW世界を紹介してくれました。

 

地元遊園地または神秘学に興味ある方せびご覧ください。

 

 

 

マツコの知らない「としまえんの世界」

 

としまえんは東京都練馬区にある地元でとても有名な遊園地です

 

1926年開園以来、最盛期には年間390万人の来園者が訪れました。

 

しかし、近年経営上の配慮で、としまえんは94年の歴史を歩いて、2020年8月31日をもって閉園します。

 

それは全練馬区民が泣いたビッグニュースです!

 

今夜、としまえんを知り尽くす4名の案内人・山本寿幸さん、Nikeさん、谷口晶彦さんおよび山元竜一さんが出演してくれました。

 

彼達は「生まれも育ちもとしまえんと一緒に暮らしている」ことでいつも誇りを持っています。(笑)

 

閉園前の最後の1が月で、彼達は視聴者の皆さんと一緒に、としまえんの歴史を振り返りました。

 

マツコの知らない「としまえんと練馬区民との深い繋がり」

 

案内人の四人とも、子供の時代からとしまえんの年間フリーパスポート木馬の会」を持っています!

 

全員ともとしまえんの3~5分の徒歩圏内に住んでいますので、ほぼ毎日としまえんで散歩しているそうです。

 

特に夏のとき、花火大会もあるし、遊園地で楽しいこともたくさんできるし、それに大型の流れプールでもあるので、人気となります。

 

練馬区民にとって、「夏ならとしまえん」ということは普通の練馬スタイルです!

 

これまでの練馬区役所が主催した成人式はほとんどとしまえんを貸切してあげています

 

しかも、近くにプールがあるため、練馬区民は「海よりも先にとしまえんで波を知る」ことでちょっと誇りを持っている時代があります。

 

確かに、今夜の記念写真を見ると、その中国ニュース並びの波のプールなら確かにそうなりますよね!(笑)

 

 

マツコの知らない「としまえんの練馬区民が思う大切なこと」

 

としまえんは日本のたくさんの地元遊園地の一つに過ぎません。

 

しかし、練馬区民にとっては、「初めて人生と世界を教えてくれた大切な場所」ですよ!

 

マツコの知らない「としまえんの初成功」①ーー世界初の屋内スキー場

 

今屋内スキー場がある遊園地はちょっと贅沢と感じますが、それほど珍しくないですよね!

 

しかし、日本では、屋内スキー場が流行になることはかなり近い話です。

 

1958年、としまえんは日本初でなく、世界初の屋内スキー場がオープンしました!

 

当時、スキーは冬の山奥しかできない、かつ高いアウトドアスポーツでした

 

スキーに向ける大雪があまり降らない東京都には、屋内スキー場は幻のものでした。

 

そのため、としまえんの屋内スキー場はすぐにデートスポットにのぼりました!

 

一発大成功でした!(笑)

 

 

マツコの知らない「としまえんの初成功」②ーー日本最大級のフィッシングエリア

 

1965年、スタッフからの考案に基づき、としまえんは流れプールおよび波のプールがオープンしました

 

より自然の川の流れができるために、としまえんのスタッフはわざわざ本物の川を観察し、それぞれの川の流れのスピードを測りました

 

そして、現在の流れのスピードと波の大きさを確定しました。

 

かなり凝っていますね!(笑)

 

たくさんの苦労を経てからできたプールなので、夏のみ使用可能だったらもったいないと考え、としまえんは冬の楽しみ方を探しました。

 

その結果は、「冬季の流れプールを釣り堀にする」考案でした!

 

今でも近くの住民にとって、親子同行スポットとして人気が集まっています。

 

賢い考えでしたね!(笑)

 

 

マツコの知らない「としまえんから学んだこと」(A)ーー最先端の女性を知ります

 

今はギャル系女性が少ないですが、昔は結構「ギャル=最先端の女性」というふうに認識されていましたね!

 

当時の男子は渋谷でギャルたちとちょっと話すだけでもずいぶん勇気が必要だそうです。

 

そこで、としまえんはそのような悩みを抱いている男子たちの味方でした

 

としまえんの流れプールで、かわいいビキニを着ているギャルがワイワイしていました

 

当時の練馬男子の間に、「流れプールでギャルを見て、最先端の女性を知る」という噂が流れているそうですよ!(笑)

 

皆さん、お疲れ様でした!(笑)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

去年のとしまえん。 まさか閉園するなんて夢にも思ってなかったナ〜💭 . 小さい頃から本当によく来てて、買ってもらったつぶつぶアイス思いっきりプールサイドにぶぢまけたり、水中潜って小銭たくさん拾ったり、、、色んな思い出がある🥺 . 耳にセミが止まるという奇跡のトラウマ体験したのもここのプール。笑 . つめたすぎる水も、ありえん直前スライダーも、とっても恋しい。 . 閉園前にもう一回いきたかっつけど、コロナでどうだろう😞 今年はプールにいけないかもしれないと思うととてもつらい。身体鍛えるモチベーションもなくなる。笑 . #としまえん #ありがとうとしまえん #としまえんプール #プール #水着 #赤

こまち(@komachixoxo)がシェアした投稿 -

 

マツコの知らない「としまえんから学んだこと」(B)ーー異国文化を知ります

 

としまえんのジャングルクルーズはいつも物凄い人気を呼んでいました

 

例えば、1969~1998年のアフリカ館で、リアルな動物などは子供たちだけでなく、大人でも大変魅了されていました

 

当時海外旅行は今のように簡単にできるものではありませんでした。

 

しかし、としまえんへ行ければ、少々海外旅行の気分を味わえ、異国文化も少々勉強できましたね!

 

子育てママの強い味方になりますね!

 

 

マツコの知らない「としまえんから学んだこと」(C)ーー知らない人とのコミュニケーション方法

 

人と人は一体どうやってコミュニケーションが始まるでしょうかな。

 

同じ職場や学校なら、知らないうちに徐々に話が増えて、友達と自然になります。

 

しかし、そうではない場合なら、自分がどういうふうに振り舞えばいいでしょう。

 

難しい質問ですね!(笑)

 

しかし、としまえんはその答えを知っているかもしれません

 

としまえんの乗り物エリアでは、例え全然知らないファミリーでも、簡単にコミュニケーションができ、一緒に楽しい時間が共有できます

 

それは、下の人が乗り物に乗って高いところまで行った人に、「イエーイ!」をいうことだけです。

 

それを繰り返し、最初の赤の他人が、いつの間にか新しい友達に変わりますね!

 

人生の一番素敵な思い出ではありませんか。

 

簡単なことですけど、そのピュアに一番感動されますね!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

無事に番組の放送が終了しました!! . この奇跡は、「トシ」という中学校時代の野球部の後輩の一本の電話から始まりました。 . ちょっと賛同して欲しいことがあるんです・・・ . そこから始まりました。 . トシの「としまえん」に対する熱いブログが巻き起こしたこの奇跡。 . 本番までの夢のような時間は、青春時代そのもの(笑) . 色々スタッフさんと話しているうちに思い出す事や家族で引っ張り出した写真などこの企画を通じて家族や友人との思い出を振り返ることが出来ました。 . 本当に幸せな時間を過ごせました。 . 何より本当に楽しかった♫ . 収録本番は世界戦並みの緊張と焦りが伴うあっという間の時間(笑) . なんとか編集して頂き無事放送できて良かったです(笑) . 冗談抜きで思い入れのある憩いの場「としまえん」。 . 僕らだけでなく多くの人々に思い出を提供してくれた「としまえん」。 . 正直言えば全部の乗り物やスポットや食べ物やゲームなどについて話したかった。 . でも今回は時間の都合上、不可能でした(笑) . だから改めてあの4人で「としまえん」を語ろうと思う♫ . そしてそれが聞きたい人がいるならライブしちゃうと思う♫ . そして何より「としまえん」でイベントを開催し皆と思い出話に花を咲かせたい!! . そう思う夏2020。 . 今月末で閉園してしまうのだがまだまだ思い出は作れる! . 作っていきましょう♫ . この機会を頂き改めて思った . 俺はすこぶる練馬が好きで、としまえんが好きだーっ!! . また改めてパッションのある内容でブログに書きますね♫ . 応援してくれた皆さん、見てくれた皆さん、録画してくれた皆さん、観ていない皆さん、そこまで興味の無い皆さん、ありがとうございました♫ . そして何よりこんな僕らに温かいサポートをしてくれて最後の最後まで付き合ってくれたスタッフの皆様、ありがとうございましたm(_ _)m . では、次はとしまえんで会いましょう(笑) . NIKEことKITEでした♫ . . #練馬 #としまえん #地元愛 #TBS #マツコの知らない世界 #全練馬が泣いた #トシの引きの強さ #竜ちゃんはヤマちゃん #谷くんは本当はちなみにマン #マツコデラックス #トシ #竜ちゃん #谷くん #ありがとう #KITE #boogalookite

KAITO MASAI(@boogalookite)がシェアした投稿 -

 

 

マツコの知らない「予言ビジネスの世界」

 

 

今夜の案内人は過去4回も出演したオカルト研究家山口敏太郎さんでした。

 

これまで、山口さんは様々なオカルトのことを紹介してくれました。

 

2011年の「怪奇現象の世界」、2015年の「UFOビジネスの世界」、そして2016年の「UMAビジネス&心霊ビジネスの世界」、いずれも大変勉強になりましたね!

 

マツコの知らない「予言ビジネスの超新星」

 

2020年のコロナを的中した噂をもって、インドの14歳「予言少年」、アビギャ・アナンドが一気に予言ビジネスの超新星になりました!

 

その予言動画は1年で780万回も再生されました!

 

恐ろしい再生回数ですね!

 

アビギャさんは14歳の時、占星術師として活躍していましたが、現在、彼の個人鑑定料は20,000円超となります!

 

それはインド都市部の大学新卒の初任給の半分に等しいです!

 

さらに、彼のYouTube出演料は1回当たり150,000円です!

 

また、妹さんとの日常動画が58万回も再生されて、完全に人気タレントに扱われますね!(笑)

 

とにかく大金持ちですわ!

 

現在、インドでは、彼の予言ビジネスはその町の死活問題を左右しています。

 

 

マツコの知らない「ビッグマネーが動いた世界3大予言」

 

マツコの知らない「ノストラダムスの大予言」

 

ノストラダムスは歴史上有名な大予言家でした。

 

その「ノストラダムス予言」とは、「1999年に世界が滅亡する」ということでした。

 

マツコさんはまさに「ノストラダムス世代」ですので、その予言を知らないことがもちろんありません。

 

しかし、その予言ビジネスの力はあまり詳しくなかったですよね!

 

山口さんによれば、当時関連書類は合計1,000万部を大売りし、「核ジェルター」までバカ売れとなりました。

 

その経済効果は100億円を超えたと推測されています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#恐怖大王升天 🇯🇵 「1999年7月,全人類都會滅亡。」這句預言在1970年代的日本,不僅成為無數少年少女們的夢魘,也開啟了日本世紀末怪奇風潮的序幕。這段話出自著名的16世紀占星預言家諾斯特拉達姆斯,但成功轉譯到日本流行,則始於作家五島勉的驚世系列之作——《諾斯特拉達姆斯的大預言》——1973年出版後,接下來將近數十年間,所謂的恐怖大王降臨末日,就成為昭和到平成的世紀末陰影。而這位傳奇作家五島勉,在21日證實已經病逝,享壽90歲。 五島勉本名後藤力,1929年出生於北海道,東北大學法學部在學期間,就以創作投稿情色官能小說賺取稿費、畢業後成為《微笑》、《女性自身》幾家雜誌的寫手,而他的創作之路,也繼續在各種官能、懸疑殺人等題材邁進,但說起筆耕事業,五島的發展卻也是處於不上不下的微妙處境。 直到五島44歲的時候,機運突然降臨在他的身上。1973年,五島勉準備了一系列有關預言家題材的企劃案,交由出版社祥伝社討論定奪,最後決定以16世紀的占星士諾斯特拉達姆斯(Michel Nostradamus)為題,五島勉寫出了第一本《諾斯特拉達姆斯的大預言》(以下簡稱《大預言》),以諾氏的預言著作《百詩集》為藍本,五島勉翻譯介紹、並予以延伸解釋的創作。最有名的橋段,就是引用這句: 「1999年7月/為使安哥魯摩亞王復活/恐怖大王將從天而降/這段期間馬爾斯將統治世界」 諾氏的預言晦澀難解,也帶有不少基督宗教、神秘學的色彩。什麼安哥魯摩亞王?誰又是恐怖大王?五島勉的解釋,直接了當說就是世界末日——「1999年的7月,全人類都會滅亡!」 看似文字遊戲之作,誰都沒想到這樣的書籍,在1970年代的日本颳起一陣旋風。五島勉的《大預言》結合討論地球環境問題、核武戰爭的威脅,切中了當時日本經濟高度膨脹之下,隱藏在心中的不安騷動;宣告的「1999人類滅亡說」,彷彿警世醒言一般,替全人類劃下了終點線。 《大預言》狂銷250萬本,而且隔年1974就改編成同名特攝電影,接連到80年代推出系列續集,幾乎都是部部暢銷。五島勉於是成為了恐怖大王的代言人,而當初諾氏的神秘預言,在五島勉筆下也逐漸揉合發展成獨特的日本觀,從1981年到1988年的昭和末期,出版了4部大預言系列,五島勉不斷闡述何謂末日之外,也提出他的新解:能拯救人類滅亡破局的,乃是「日之國」。 「嚇死所有小朋友...簡直是童年陰影!」五島勉的系列作,因為各種怪奇玄秘、古文明和超能力,因而在當時極受兒童喜愛;但也由於《大預言》系列特有的恐怖感,以及當時周邊各種基於恐怖大王末日傳說的延伸作品,反而讓許多人心裡陰影面積太大,直到五島勉過世的今天仍餘悸猶存。 但恐怖大王真的完全是無稽之談嗎?五島勉和《大預言》系列,構成了當時日本的世紀末心靈圖像,日本的經濟邁入停滯,石油危機的衝擊、泡沫崩壞與世界局勢動盪...種種事件似乎都隱約投射出末日預言,也深刻影響了當時代的日本大眾文化,尤其是電影、漫畫等等。 然而,堅信大預言的人,卻也包括了某些宗教狂熱份子——震驚世界的奧姆真理教事件——包含教主麻原彰晃與其信徒,就把諾斯特拉達姆斯的預言,當成了信仰體系的一部分,最終不可自拔地作出瘋狂行徑,在預言的1999年到來之前,1995年發動了東京地下鐵沙林毒氣案。 五島勉曾在2018年受《週刊文春》的專訪時,提到《大預言》造成的影響,特別是奧姆真理教的挪用,「根本是把諾斯特拉達姆斯的惡用」,但是對於自己的作品會產生這樣的社會影響,也感到有些難辭其咎。 「我也沒想過會在小孩之間如此受歡迎,對那些受創傷的孩子們,我感到很抱歉。」五島勉先後在《週刊文春》、和2019年富士電視台的專訪中,向那些被恐怖大王嚇壞的孩子們(如今恐怕也都是中老年人了)道歉。 至於五島勉本人相不相信這個大預言?問到1999年7月,也就是預言毀滅的時候在做些什麼,五島勉的回答是:「沒特別做什麼,跟平常一樣。因為末日說不定也不會來嘛。」五島勉認為,靠著人類的積極努力,應可避免重蹈覆轍,尤其是戰爭與破壞環境的毀滅之途。 儘管五島勉的系列作曾被斥為荒誕無稽的小說創作,但五島勉認為,「對於終點的思索,能開闢新路。」2018年時,五島勉說他還正準備寫作有關聖經啟示錄的作品,只是還沒動筆罷了。2020年7月21日,五島勉的妻子對外證實,五島已於今年6月16日病逝,享壽90歲。 五島勉的作品也曾經在台灣翻譯出版,譯為《拿斯特拉得馬斯的大預言— 1999年人類的末日》,是由自學有成的翻譯家馮作民翻譯,馮後來因出版社的糾紛,而持械犯下兩死一傷的兇案,判刑終身監禁、病死獄中。 photo credit:五島勉《大預言》系列作 #恐怖大王 #摩亞大人 #櫻桃小丸子也有一集恐怖大王 #日本 #五島勉 #ノストラダムスの大予言 #ノストラダムス #諾斯特拉達姆斯 #Nostradamus #オカルト #末日 #世紀末 #japan #BenGoto #book #國際新聞 #udnglobal #轉角國際

轉角國際 udn Global(@udnglobal)がシェアした投稿 -

 

マツコの知らない「マヤの予言」

 

皆さんは映画「2020」をご覧になったことがございませんか。

 

当時上映後、すぐに世界人気映画ランキング1位にのぼりました!

 

迫真力があまり強くて、何度観てもそれが本物か作り話かよくわからないようですね!

 

その映画の脚本はまさにマヤの予言からのアイデアでした。

 

マヤとは、超古代文明の一つであり、計算に非常に得意な一族のことです。

 

彼達は「マヤカレンダー」という特別なカレンダーを作りました

 

そのカレンダーは、様々な歴史大事件を的中したため、世界中予言ビジネスをしている方のみならず、科学者にもすごい高い関心をもっています。

 

そして、その中に一番知られているのは、「2020年予言」です。

 

それは「2012年12月21日の夜の幕が降りると、永遠の長夜が訪れ、人類はそれをもって滅亡する」ということです。

 

これまでのマヤ一族の予言が外れたことはないから、世の中に大騒ぎが起こりました!

 

2011年の世界経済成長率はなんと4%までに上がりました!

 

ちなみに、一般的に、それは2%くらいです。

 

 

マツコの知らない「ファティマの第3の予言」

 

これはまだ現在進行形の予言です。

 

噂によれば、昔貧しかった町で3人の子供がいました。

 

貧困の中に暮らしていたにもかかわらず、3人がずっと聖母マリアを信じて続いていました。

 

そして、ある日、聖母マリアが3人の前に現れました!

 

聖母マリアは3人に3つの予言を渡しました。

 

第1の予言は第一次世界大戦の終わり、第2の予言は第二次世界大戦の勃発でした。

 

そして、第3の予言は、「2039年、地球が滅亡する」ということだそうです。

 

その噂の力で、当時聖母マリアが降りた伝説の場所にファティマ大聖堂が建てられ、年間600万人の訪問者もいるそうです。

 

さらに、他の地域でもその噂の波に乗って、聖地巡礼のツアーが展開しています。

 

その参加者はなんと年間3,000万人です

 

怖いですよね!

 

 

 

SNS上にとしまえんへの悲鳴が見られています!

 

 

 

 

 

 

 

最後に:としまえん、お疲れ様でした!

 

 

自分の友達が練馬区民です。

 

彼女の話を聞くと、何だか寂しいと感じていますね!

 

世界の流れや時代の流れとは言え、気持ちにはなかなか受け止められないところが多いですね!

 

ディズニーは楽しいけど、自分にはどこでもあるテーマパークよりも、そこならではの地元遊園地のほうが好きです。

 

並びが苦手だし、家の近くで遊べば何よりもと思う人間ですからね。

 

世界の一隅に、このような小さな地元遊園地を残してもらえないかな、と思います。

 

スポンサーリンク

-バラエティ番組, マツコの知らない世界

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.