トレンドニュース

オイルショック2020!なぜトイレットペーパーが買い占められたのか説明

 

新型コロナの影響で、オイルショック2020が発生していますね!

 

ツイッターでもトレンド入りしていますが、トイレットペーパーの買い占めがされており、ドラッグストアではすでに販売に制限がかけられています。

 

一体、新型コロナの影響でトイレットペーパーの買い占めが発生したのかまとめます。

 

オイルショック2020!なぜトイレットペーパーが買い占められたのか説明

 

 

👆の動画を見ればわかるように、トイレットペーパーを買い占めまくる人がいますね。

 

これは1973年にあったオイルショックのときと同じような風景となっています。

 

👇その当時の動画がこれになります。

 

 

なぜオイルショックが発生したときに、トイレットペーパーが買い占められるのかというと、デマと不安による集団心理が組み合わさって発生します。

 

新型コロナで日本中に不安が広がり、「この状態だと、紙すらなくなるんじゃないか?」という不安が広がります。

 

現代においては、LINEやTwitterなどで、トイレットペーパーがなくなるやオムツがなくなっている、などと噂を聞いて、我先にと買い占める人がでてくるというわけです。

 

また政府が休校を宣言したり、テレワーク・リモートワークがにわかに盛り上がっていますが、家に引きこもる人が増えることも原因の一つでしょう。

 

引きこもっているときにトイレットペーパーがなくなると悲惨ですからね。

 

このような不安から、トイレットペーパーを買い占める人が増えているわけですね。

 

オイルショック2020に対するツイートまとめ

 

 

最後に

 

オイルショック2020でトイレットペーパーが買い占められている件についてまとめました。

 

トイレットペーパーがなくなるというのはデマですので、変な噂に右往左往されないようにしましょうね。

 

スポンサーリンク

-トレンドニュース

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.