トレンドニュース

布マスク配布の375億円の差額についてまとめ。計算すれば真実がわかる。

 

コロナウイルスの影響でマスク不足が叫ばれている昨今、ついに日本政府から布マスクの配布がはじまりましたね。

 

マスクが手ものとにない人は、自分の手元に届くのが待ち遠しかったりしますよね。

 

そんな布マスクの配布ですが、日本政府が建てた予算に対して、布マスク配布についての業務の発注金額の差額が話題になっています。

 

その額なんと375億円!!

 

この記事では布マスク配布の375億円の差額についてまとめました。

 

気になる人はチェックしてください。

 

布マスク配布の375億円の差額とは?

 

厚生労働省は21日、新型コロナウイルスの感染防止策として政府が全世帯向けに配布する布マスクについて、受注企業3社とそれぞれとの契約金額を明らかにした。

(中略)

受注したのは興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社で契約金額はそれぞれ約54・8億円、約28・5億円、約7・6億円の計約90・9億円だった。マスクの枚数など契約の具体的な中身は示されていない。布マスク配布に投じられる予算は約466億円で、福島氏側は3社の契約金額との差額について、さらに問い合わせているという。

引用元:Yahoo!ニュース

 

日本政府がコロナウイルスの拡散対策で布マスクを配布していますが、その業務を受注した企業3社が明らかになりましたね。

 

事の発端は福島みずほさんの👇のツイートです。

 

 

ここでわかるのは、布マスク配布の予算が466億円に対して、契約金が約91億円ということで、差額の375億円はどこいった?ということです。

 

また、公開されていない企業もあるというところが、ちょっと怪しいですよね。

 

私以外にも差額について疑義を唱えている人はたくさんいます。

 

具体的には👇このような感じですね。

 

 

 

 

 

 

布マスク配布の376億円の差額は計算すれば真実がわかる。

 

たしかに375億円という金額は差額にしてはかなり大き過ぎる額ですね・・・。

 

とはいえ、政府から出された一部の情報だけを見て、差額が大きい!怪しい!と判断するのは早計です。

 

冷静に事実を積み上げていけば、真実がわかるというものですね。

 

例えば👇の人のように計算をすれば真実が見えてくると思います。

 

 

この人の計算では使途不明金が342億ほどありますね・・・。

 

 

差額を計算する要素の一覧

 

先ほどのツイートではまだまだ情報が足りていないと思います。

 

具体的には次のような要素ですね。

 

  • 公表されていない残りの1社との契約金
  • 3社との契約内容や契約範囲
  • 布マスク配布で動いている官僚や公務員の経費
  • 今回の契約が今後すべての布マスク配布に関するものか不明なこと

 

このように、明確になっていないことが多いんですよね。

 

そういったことをしっかり調査しないと、376億円の差額が不正なものかは判断できないと思います。

 

 

布マスク配布の376億円の差額についてまとめ。計算すれば真実がわかる。まとめ

 

布マスク配布の375億円の差額についてまとめました。

 

1メディアが出した情報に踊らされず、冷静に判断する必要がありますね。

 

とはいえ、税金を使っている以上、すべて公表するのが日本政府の責務なので、早めに公表してもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

-トレンドニュース

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.