トレンドニュース

休業しない業者公開が始まる!それでも休業しない場合の罰則は?

 

日本全体で外出を自粛している中、パチンコ屋などの営業が再開されましたね。

 

これを受けて日本政府が、ついに、休業しない業者公開を始めるという指針を打ち出しました。

 

この記事では名指しで休業要請を受けても、休業しない場合どうなるのかについてまとめました。

 

気になる人はチェックしてください。

 

休業しない業者公開が始まる!

 

 

政府は23日、新型コロナウイルスの感染拡大阻止に向け、改正新型インフルエンザ対策特別措置法45条に基づき、休業要請に応じない事業者名の公表に踏み切るためのガイドライン(指針)を都道府県に通知した。一部のパチンコ店などを念頭に、より強力な対応を講じるのが狙い。同時に、スーパーや商店街に対し、入場制限などの対策を取るよう働き掛けることも求めた。

引用元:時事通信社

 

現在も営業しているパチンコ屋が休業しても私個人としては困りませんが、「自粛要請」に応じないから企業名を晒すっていうのは、ちょっと怖いですね。

自粛要請に応じれば100万を補償するって言われても、1日の売上にも満たない金額だと、効果ありませんよね。

 

👇他にもこんな意見がありましたね。

 

 

 

休業しない業者への罰則は?

 

 

どうやら、名指しで休業申請を受けた業者が、それでも営業を続けた場合には罰則はなさそうですね・・・。

 

 

自粛中の中、わざわざ営業している業者が名指しで要請を受けたところで、休業するとはちょっと思えませんよね・・・。

 

自分たちの生活がかかっているから、仕方ないのかもしれませんね。

 

 

休業しない業者公開が始まる!それでも休業しない場合の罰則は?まとめ

 

休業しない業者公開が始まったときについてまとめました。

 

強制力がない法律だから、結局のところ休業要請に従うかどうかは、業者が決めるんですよね・・・。

 

罰則があればいいってわけではないけど、難しい問題ですよね。

 

スポンサーリンク

-トレンドニュース

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.