職場の人間関係の悩み

職場の人間関係は深入りしないに限る。深入りしないための方法を紹介

職場の人間関係で深入りしすぎて、無駄に飲み会に誘われたり休日を無駄にしていませんか?

仕事を円滑に進めるために、行きたくもない飲み会に行かないといけないことありますよね。

また仕事に集中しているときに話を振られると、無視をするわけにもいかないので話し相手になってしまったりもしますよね。

そんなあなたがプライベートを充実させるために、職場の人間関係を深入りしないですむ方法について紹介します。

また現在深入りしてしまっていて、問題になっている場合、どのように対処すればいいかを紹介しますね。

職場の人間関係は深入りしないに限る。

職場の人間関係は深入りしないに限ります。

一番の理由はプライベートな時間を犠牲にしなくて済むというのが大きいですね。

その他にも理由があるので、それぞれ説明していきます。

プライベートな時間を大切にできる

職場の人間関係が深いと、例えば休日にゴルフに付き合わされたり、バーベキューに誘われたりします。

気の合う仲間なら無駄ではないでしょうが、上司や先輩などむやみに断れないような場合が大変です。

また定時後に飲みにケーションという名目で行きたくない飲み会に付き合わされたりします。

職場の人間関係が深いことで、あなたの貴重な人生が奪われていますね。

そのため職場の人間関係に深入りしないことで、プライベートな時間を無駄にせず充実した私生活を送れます。

余計な仕事に巻き込まれなくて済む

職場の同僚に「合コンに行かないといけないから、ちょっと残りの仕事やっておいてくれない?」みたいに頼まれて、余計な仕事をしなければならないハメになります。

また仕事のトラブルに巻き込まれて、相手がこちらと仲がいいと思っていたらヘルプを要請してくるかもしれず、親しくしたくない人の仕事を手伝わされてしまいます。

職場での人間関係を深入りしていないと、同僚もヘルプを頼みづらいので、余計な仕事に巻き込まれなくて済みますよ。

行きたくない飲み会を断れる

先ほどの記載したように、行きたくもない飲み会に付き合わされますよね。

特に上司とか先輩とかから「よし!今日は飲みに行くぞ!」と誘われたときに断れればいいのですが、「ここで断ると人間関係が悪くなるかも」と心配になって断れないケースもあります。

そうする上司や先輩は調子に乗って、どんどん誘ってくるようになりますよ。

そうならないためにも、職場の人間関係は適度な距離を保ちつつ、ビジネスライクにしておくに限ります。

人間関係に悩むことが少なくなる

人間の悩みはすべて人間関係である。

そう言い切る人もいるぐらい、人間関係は職場でも厄介な問題です。

上司と部下、先輩と後輩、男と女、など様々な人間関係があります。

完全に人間関係の悩みをゼロにするのは難しいですが、職場での人間関係が深入りしないことで人間関係で悩むことは少なくなりますよ。

職場の人間関係で深入りしない方法

職場の人間関係で深入りしない方がいい理由について説明しました。

ここからは職場の人間関係を深入りしないようにする方法について説明します。

仕事上だけの関係と割り切り、必要なコミュニケーションしかしない

人間関係を一番深めるのは対面同士での会話です。

特にプライベートな話は人間関係を深めてしまいますので、職場の人間とは仕事の話だけをするように心がけましょう。

重要なポイントは次の2点ですね。

無駄口をたたかない

仕事中は無駄口をたたかず、黙々と作業をしましょう。

何か話を振られたときには、「申し訳ありません。今立て込んでるので後でお願いします」とドライに返しましょう。

相手は冷たいなぁと思ってくるかもしれませんが、邪険に扱っているわけではないので、必要以上に怒りを買いません。

こちらがビジネスライクな付き合い方をしていると、相手も自然とあいつはそういう奴だと認識しビジネスライクな付き合いをするようになってきます。

そうするとプライベートの話まで突っ込んで来ません。

飲み会に参加した時などは、突っ込んでくるかもしれませんが、そもそもあなたは飲み会に参加しなくなるので、その確率はぐっと減ります。

悪口や噂話をしない

職場でもプライベートでも人間の結束力が高まるのは敵がいる場合です。

そのため悪口や噂話は絶対にしないようにしましょう。

上司に不満があるもの同士だと話が盛り上がってしまいます。

盛り上がると相手もそれだけ自分と仲良くなったと思ってしまうので、職場での人間関係が深まってしまいます。

話の流れがある場合は仕方がないかもしれませんが、極力、人の悪口や噂話はしないようにしましょう。

仕事とプライベートの区別をはっきりつける

ビジネスライクすべきという話をしましたが、それはプライベートどう仕事をきっちり分けると言い換えてもいいでしょう。

具体的な方針を言うと、職場にプライベートを持ち込まないことです。

自分のプライベートを喋らない

自分からプライベートをしゃべらないと言うのがスタートになります。

例えば、朝礼の挨拶登板で話をしなければならない場合は、プライベートの話をするのではなく世の中のニュースを話すといった感じです。

また、昼食や夕食は1人で摂るなど、自分が話す機会を極力減らしましょう。

他人のプライベートを聞かない

次に重要なのがプライ他人のプライベートを聞かないというのが重要です。

話の流れや社交辞令などで、ついつい余計な話をしてしまうことがあります。

人は興味を示してもらうと喋りたがる生き物です。

聞きたくもない他人のプライベートの話を延々とされ、一方的に好意を抱かれることになります。

そのため他人のプライベートは聞かないように注意しましょう。

完全に突き放さず、一定の距離感を保つ

これまでは職場の人間関係を深めないために、かなりドライに対応する方法を紹介してきました。

しかし完全に突き放すと言うのは、それはそれで問題です。

深入りしないのであって、全く職場の人間関係を構築しないわけではありません。

そのため仕事の上ではちゃんと協力する姿勢を見せましょう。

例えば、会議では積極的に発言をする、改善提案を出す、仕事で詰まっている後輩がいればアドバイスをするなどです。

あくまでも仕事上でコミニケーションを取るだけであり、プライベートに踏み込ませないと言うスタンスを取るだけで、仕事を円滑に進めつつ必要以上に人間関係を深くしないことができます。

現在、職場の人間関係で深入りして苦しんでいる人の対処法

これまでは職場の人間関係を深入りさせない方法について説明しました。

しかし現在、職場の人間関係が深入りしてしまって苦しんでいる人もいると思います。

そんな人には次の3つの項目を試してみてください。

強い意志や必要になるものもありますが、現状を変えるためには必要なのでがんばりましょう。

職場の人間関係に悩んでいることを上司に相談する

上司が頼りになる人であれば、悩んでいる人間関係について相談しましょう。

上司はあなた以上に経験があると思うので、あなたに適した対処方法を回答を教えてくれるかもしれません。

人に合わせすぎないことを意識する

人間関係が深くなってしまっている人は、相手に合わせてしまっている人も多いです。

あなたが相手に合わせることで、相手が共感してくれていると思ってしまい、相手の方から寄ってくることになります。

そのため愛想笑いや、その場をうまく丸く収めるためだけに相槌をうつのはのはやめましょう。

自分の意見をしっかり視聴することがストレスのない人間関係を構築するのに重要なファクターです。

自分のスタンスを決める

自分の意見をしっかり主張するために、自分のスタンスを決めましょう。

現在、人間関係が深くなりすぎててつらいことがあるのであれば、人間関係をドライにする必要があります。

重要な事は、人間関係を深くしたい人としたくない人をあなたの中ではっきり分けましょう。

そこで深く入りしたくない人にはドライな対応し、そうじゃない人にはこれまで通りのあなたで接すると良いでしょう。

そのようにはっきりと区別をしているスタンスを確立することで、必要以上に人が寄ってこなくなります。

現在を変える必要があるので、周囲にはある程度大きなインパクトを与えなければすぐに変わりません。

そのため、「あいつ何か変わったなぁ」と思われる位やる必要があります。

そう言われるのも大体2週間位なので、勇気を持って取り組みましょう。

最後に:職場の人間関係を薄くしてプライベートを充実させよう

職場の人間関係を深入りしない方法について説明しました。

また現在深入りしてしまっている人にはどのようにすればいいかも紹介しました。

職場の人間関係を薄くすることであなたのプライベートが充実してくるでしょう。

日本は察する文化があり協調性が求められる社会なので、ビジネスライクな付き合いをするのは難しいかもしれません。

重要なのはあなたの人生が充実することです。

そのため可能な限り仕事とプライベートを分け、充実した人生を送ってください。

スポンサーリンク

-職場の人間関係の悩み

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.