芸能ニュース

オードリーの椅子破壊による宣伝効果は3億円!?【オードリー椅子破壊記念日】

2月24日はオードリー椅子破壊記念日として、今でもTwitterの話題になっています。

後におさらいしますが、超ざっくりうと、IKEAの耐久テストに耐えた椅子をオードリーが放送中に破壊するという放送事故がありました。当時はかなり話題となり、結果として放送があった日を「オードリー椅子破壊記念日」として、人々の記憶に残りました。

完全に放送事故な訳ですが、一方で、Twitterのトレンド入りするぐらいの話題性から、逆に宣伝効果があったんじゃないかと囁かれるようになりました。確かに炎上商法ではないけれども、椅子が破壊されてなかったら、ここまで話題になることもありませんでしたし、宣伝効果があったとしてもおかしくありませんよね。

この記事では、オードリーが椅子を破壊したことで、どれほどの宣伝効果があったかをお伝えしたいと思います!

 

オードリー椅子破壊記念日のおさらい

何があったか、1番わかりやすいのは実際に見てもらうことですね。下に動画を載せていますので、まずはご覧ください。

2月24日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で、オードリーが家具ブランド・IKEAの椅子を破壊した。耐久性が極めて高く、630万回ものテストに耐えたという椅子に対し、オードリーの2人が大暴走。椅子に座った春日は身体を激しく揺さぶり、若林も春日の動きに勢いを付けた結果、椅子の脚が折れてしまったのだ。

引用元:Asagei plus

このヒルナンデスの回で何があったかを要約すると、下記のようになります。

  1. めちゃくちゃ頑丈な椅子をオードリーがプレゼンする。
  2. オードリー春日が全体重をかけるように跳ねながら耐久性を示す。
  3. オードリー若林も加わって力をガンガンかけていく。
  4. 椅子破壊される。

 

オードリーの椅子破壊による宣伝効果は3億円!?【オードリー椅子破壊記念日】

さて、オードリーが椅子を破壊したことによる宣伝効果としては、3億円もの宣伝効果が生まれたという指標が出されています。6年たった今でも、まだ話題に登るほどです。

壊れない椅子が壊れたというのは、通常であればマイナスイメージになるはずですが、動画を見てわかる通り、完全に許容範囲を超えた使い方をしての破壊ですから、視聴者もちゃんと理解しています。逆にあれだけのことをやらないと壊れないということの証明にもなりました。

IKEAを取材すると、実際に売り上げも伸びて、新しいモデルの椅子も販売しているようで、まさに、怪我の功名というところでしょう。

ちなみにオードリーもこの件については反省しているようです。

関連記事(外部サイト):オードリーの椅子破壊4周年が話題、意外な後日談があった

 

オードリーが破壊した椅子はまだ売っている

IKEA(イケア) PELLO 90160720 アームチェア, ホルムビー ナチュラル

なんと破壊されたモデルの椅子は、まだ現役のようで販売されていました。しかもそこそこいい値段で(笑)普通にアマゾンとかで買えちゃいますね。

 

オードリー椅子破壊記念日により入国審査を通った春日

後日談というか、実はおもしろエピソードがもう一つあります。それは、オードリーの春日さんが、椅子を破壊している動画で入国審査を通ったという話があったそうです。

このことはラジオで春日さん自身が語っています。

春日さんが入国審査の時に「エンターテイナーだ」と主張したものの信じてもらえませんでした。そして入国審査をしている人が、春日さんの名前をGoogleで検索したところ、ヒットしたのが椅子を破壊している動画でした。これでエンターテイナーであると信じてもらえたようで、入国できたようです。

やっぱり春日さんは持ってますね!運だけの春日という言葉が話題になるわけです(笑)

関連記事:「運だけのカスが」「実力の若林」からの「運も実力もある西村」「運も実力もない小峠」

 

最後に

オードリーが椅子を破壊したことによる宣伝効果についてまとめました。当時はリアルタイムで私もみてましたが、もうあれから6年もたったんですね。「あーあ、やっちゃったよ」と思っていましたが、今でもオードリーが生き残っていると思うと、なんだか感慨深いですね。

スポンサーリンク

-芸能ニュース

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.