アニメ・漫画

スラムダンクの映画がひどい?面白くない?【原作既読組の感想】

不急の名作「スラムダンク」の映画がついに公開となりました!

原作ファンはもちろんのこと、原作を読んでなかった人もみんなが「スラダンは名作!」という噂から期待値MAXになっていました!

そんなスラムダンクの映画ですが、期待値の高い映画の宿命でしょうか、公開初日から「ひどい!」「がっかり!』と言った声が聞こえるのは世の常です。

この記事では、スラムダンクの映画を見に行った人の感想をまとめていきたいと思います!

 

スラムダンクの映画がひどい!?がっかり感が半端ない?

私自身が映画を見た感想と、周囲の反応をまとめました!

映画を見るか迷っている人は参考にしてください!

※若干のネタバレが含まれますので、ご注意を。

実際に見てみた感想としてはひどいとまでは思わない

まず、面白かったかどうかですが、面白い部類に入ると思います!

映画を見ている間はずっと映画に集中することができましたので、映画の世界に入り込めていたと思います!

それだけで、見応えのあるものだったと思います!

ただ・・・そんな端にも棒にかからないような感想は聞きたくないですよね!

ということで、もう少し話していきます。

見終わって、思い起こすとこの映画は「商業的スラムダンク」と感じました。

というのも、原作が好きな人とスラムダンクを見たことのない人の両方をターゲットにした作品になっているからです。

端的にいうと八方美人に作っててどっちつがずな作品になっているということです。

おそらく、製作陣にスラムダンクへの強烈な思い入れがなく、ビジネスとしてスラムダンクを映画化したら、こういう映画になったという感じがします。

そのため、作画には全く手が抜かれていませんでしたし、音楽にも人気アーティストを起用するなど話題性を持たせていました。

映画を作る上で、プロフェッショナルとしての質の高さは十分にあったと思います。

その分「スラムダンク」としての魅力を表現できておらず、製作陣の「スラムダンクのここが好きなんや!」というのが見えず、視聴者が求めているのはなんだ?という部分を考えて作られているように見受けられました。

原作好きに対しては、「ほら、このシーンが見たかったんやろ?ほれ、このセリフも聞きたかったんやろ?」と言わんばかりの詰め込み感がありましたし、他にも次のような感じでした。

  • 主人公が桜木花道じゃないのに、最終的には桜木をちょっと活躍させている。合宿のシーンもほとんどないので、中途半端感が否めない。
  • 山王戦で見せるべき、山王メンバーのメンタルの強靭さ、スキルの高さ、点差を離された時の絶望と緊張感が伝わってこない。
  • 漫画だからこそ表現できていたデフォルメによるコミカル感が表現されておらず、ただスベっているようにしか見えない。
  • 陵南が出てこないから、流川と赤木の覚醒に違和感しかないこと。

2時間にスラダンの全エピソードを入れることができないが故に、削らなければならないシーンがあったのは理解しますが、原作好きからしたら物足りなさしか残りませんでした。

一方、原作未読の人に対しては、未読が故に期待感もそれほど高くなかったと思うので、「とりあえず主人公チームがインターハイ常連の相手をしている。で、主人公(宮城リョータ)の過去話を入れて、ちょっとした感動をプレゼント」みたいな感じでした。

原作を知らない人でもオリジナル要素を入れることで、山王戦というよりは、宮城リョータに絞った家族の物語を見せることで、一定の評価を得られるようにしたんだと思います。

原作既読組からすると、なんでリョータが主人公なんだろうと思いましたが、原作の中でほとんど過去が語られていないのがリョータなので、適任と言えば適任なのか?と思わなくもないです。

ただ、どうせ原作にない過去話をするなら桜木花道を主人公にして、荒れていた中学時代とか、父親と母親の話とか、そういうのを描いて欲しかったなと。

つまりは、原作好きには山王戦の中で思い出を刺激するセリフやシーンを再現することで満足させよとしており、新しい人には宮城リョータを主人公に1人の青年の家族の物語を見せて満足させようとしていたわけです。

前者に対しては、重要な部分を端折ることで「え?そこ削んの?」感があり、後者に対しては「もっと心理描写とかエピソードとかないの?綾子さんとの出会いとかは?表現が足りない気がする・・・」という感じで、二つの要素を一つの映画に盛り込んでしまったが故に、どちらも消化不良気味になっている感じが否めませんでした。

ここまで、割と批判的に書きましたが、原作既読組からしても過度に期待しすぎていなければ、十分楽しめる映画だとは思います!

さて、私の意見はツイートには収まらなかったですが、他の方のスラムダンクの映画についての周囲の声を見てみましょう!

 

良かったという声

内容自体が、原作とは雰囲気が違っており、昔からのファンの人も、新しくみた人も、揃って高評価みたいですね!

懸念していた、原作の思い出補正が強すぎて、昔からのファンがみんな低評価をするような自体にはなっていない模様です!

 

徐々に見て言える人の感想が増えてきている状態ですが、やはり面白かった!最高!という人が多数を占めていますね!

個人的に気になったコメント

原作は読破済みなんですが、それ以上のストーリーがあるのか!?と期待感が高まってしまいました!

 

ストーリーも新鮮とのこと!井上先生が入っているから、原作では描ききれなかった物語とかもあるのかもしれないですね!

 

このコメントも気になりますね!

スラムダンクといえば、桜木花道が主人公なんですが、そうなってないんですかね・・・?

確かに山王戦まで行くと、全員が主人公的オーラを放ちますが、その中でも桜木花道にこそスポットが当たっていたはずですが・・・。

これはやはり見てみるしかないわけですね!

 

映画に対して微妙な印象を持っている反応

 

この辺が1番厳しいコメントでしたね。

席が空いているのは、作品の良し悪しよりは前評判の結果にすぎませんが、途中で帰る人もいるというのは、ちょっと心配になりますね。

やはり昔のアニメファンにはちょっと受け入れ難いものがあるのかもしれません。

 

映画を見てもいないのに、「がっかり!」とか「ひどいですね・・・私は見ません!」みたいな人はいましたが、映画をちゃんと見た人で悪い評判をツイートしている人の数は多くはありません!

と言っても、若干マイナスポイントを上げている人もいました。

漫画でこのストーリーを見たい!という意見もあることから、井上先生が入り込んで作っている作品なだけに、スラムダンクとしての軸はぶれてなさそうですね。

 

 

まとめ

スラムダンクの映画について、ひどい!、がっかり!と言った声があるのかまとめました。

総じて、面白い!最高!という声が多く見受けられましたね!

ただ、公開初日ですが、ちょいちょい、コレジャナイ感を感じている人も出てきていますね!

その辺も随時追記していこうと思います!

 

-アニメ・漫画

error: Content is protected !!