雑学・豆知識

BtoPとはマーケティング手法。BtoC、BtoB、BtoFとの違いを説明

 

BtoPという単語の認知度が上がってきました。

 

BtoCやBtoBはよく聞く単語ですが、BtoPは何って人のために、まとめたいと思います。

 

BtoPは新たなマーケティング手法

 

BtoPはBusiness to Professionalの略です。

 

つまり、企業がプロフェッショナルを相手に商売するマーケティング手法です。

 

BtoCはBusiness to Consumerの略で、消費者という広いくくりのマーケティング手法でした。

 

これに対して、消費者のなかでもプロフェッショナルな人を対象としたマーケティング手法がBtoPです。

 

例えば、先進医療の現場で使われる器具がそうですね。

 

高度な技術を要する脳外科の現場では、医者の技術だけではなく、道具のサポートが不可欠となってきます。

 

ミリ以下の単位でオペレーションをするための器具や拡大レンズなど様々なプロダクトが必要になってきます。

 

他にも音楽家が使う最高級の楽器や料理人が使用する包丁などもそうですね。

 

このようにプロフェッショなるを相手にプロダクトを展開していく昇竜になります。

 

 

BtoPとBtoB、BtoC、BtoFとの違い

 

BtoPとの対比としては、BtoB、BtoC、BtoFなどの単語がありますね。

 

それぞれの違いについて説明します。

 

BtoB:Business to Business との違い

 

BtoBは企業間のビジネスなので、全く違うようにイメージでされますね。

 

しかしプロフェッショナルというのは、企業や団体に属しているケースもあるので、完全に違うとは言い切れません。

 

大企業間のBtoBとは外れていますが、中小、零細企業を相手としたBtoBなら、ほとんどBtoPと同じといえるでしょう。

 

BtoC:Business to Consumerとの違い

 

BtoCでは、企業と消費者間でのビジネスになりますね。

 

どちらかというと不特定多数の人を相手としたビジネスになるため、高品質、高価格というより、安価多売のビジネスが近いでしょう。

 

100均ショップなどがいい例ですね。

 

BtoPはどちらかというと、高性能、高品質志向なので、BotCの一部にBtoPが含まれる感じですね。

 

BtoF:Business to Fanとの違い

 

BtoFとはあまり聞いたことがないかもしれませんが、企業と消費者間のビジネスであることは変わりません。

 

ただし、ビールや石鹸などの飽和状態にある市場で戦うためのマーケティング手法です。

 

プロダクトに対して新たな価値を付与することで、特定のファン層を作り、ファンに対して商売をしていくマーケティング手法になります。

 

機能的な価値だけではなく、デザインや体験などの感情的価値を付加することで、ファン化していきます。

 

プロフェッショナルが、自分が使う道具を決めるときに、自分の好みと合うか?を判断基準にすることがままあります。

 

そういったときには、BtoFの考え方も導入していくことが大切になりますね。

 

 

まとめ:BtoPの概念は個人でも稼げる

 

BtoPについてまとめました。

 

より特化していくことで、市場は小さくなりますが、それだけ濃い顧客になります。

 

しっかり顧客の心を掴んでいくことが大切ですね。

 

 

 

スポンサーリンク

-雑学・豆知識

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.