雑学・豆知識

パスポート写真の前髪は眉毛にかかって大丈夫?ピン止めや結ぶ?

パスポート写真には厳密な決まりがあり、髪型により申請が通らない場合があります。「これくらい大丈夫だろう」と思った髪型でもダメな場合もあります。特に前髪やサイドの髪が大切です。

この記事では、パスポート写真について、どのような髪型ならOKで、どのような髪型ならNGなのか、図を使って説明します。

パスポート申請用の写真の髪型に関する規約

パスポート申請用の写真の規約は国際標準に従って定められています。海外に渡航したときに出入国審査をスムーズに行うために必要なので、日本だけではなく、世界的に統一した規約を使用する必要があるためです。

入国審査では、機械的に実際の顔と写真の照合を行います。このとき、重要視するのは「目、鼻、口」などの顔の器官の位置関係です。髪型や髭などは、時間経過と共に刻々と変化していくので、重要とはなりません。

逆に言えば、顔の器官や輪郭など、時間経過により変化しにくい、顔の特徴さえしっかり写真に収まっていればOKと言えます。また、パスポート申請用写真の規約を見ると、髪型に関するものは具体的には下記の2つです。

  1. 前髪などにより、目などの顔の器官や輪郭が隠れていないこと
  2. ヘアバンドなどで頭髪を覆っていないこと

以上の事を踏まえて、ケース別に大丈夫な場合と、大丈夫ではない場合を説明します。

前髪で目や眉毛が隠れても大丈夫か?

前髪で眉毛は隠れても大丈夫ですが、目が隠れてはいけません。

1の規約を見ると、前髪で隠れていてはいけないのは、「顔の器官や輪郭」です。つまり、「目が隠れてはいけませんが、眉毛は隠れても大丈夫」ということです。そのため例えば、前髪をぱっつんにしていても、目が隠れていなければ、問題はないということが言えます。実際に、前髪がぱっつんで、眉毛にかかっていている写真でも、パスポートの申請が通っているという例はいくつもあります。

前髪で目が隠れるから、ピンやヘアバンドで上げても大丈夫?

ヘアバンドはNGな場合が多く、ピンについては使用している物によります。

「前髪がかかるから、ヘアピンやヘアバンドで髪を上げておこう」と考える方がいます。これについては、2の規約により、NGとなる場合があります。注意するのは、「頭髪を覆ってしまうほど大きいものはNG」ということです。つまり、黒い細めのヘアピンなどは大丈夫ですが、耳を隠してしまうようなアクセサリー色の強いヘアピンはNGです。また髪を覆うような大きなヘアバンドもNGになると考えた方がいいでしょう。

ロングヘアで耳が隠れるから、結ぶのはあり?

髪を結ぶのはありです。

髪型をロングヘアにしている方で、普段は輪郭や耳が隠れている方がいます。そういう方が耳を隠さないように髪を結ぶのは「あり」です。結んではいけないといった規約はありません。髪型がロングヘアで、顔の器官である耳や、輪郭が隠れているのはNGですので、できれば結ぶようにした方がいいでしょう。

パスポート申請用の写真を図で見てみよう

パスポート申請用の写真でOKかNGかを図で見てみましょう。先に挙げた規約1や2のを解釈すると、「髪型とかヘアバンドとかを使って、顔の器官や輪郭や頭部を隠すな」ということが言えます。

パスポート申請用写真で前髪ぱっつんの具体例

パスポート申請用写真として、前髪がぱっつんの時に、申請が通る例と通らない例を図示します。

パスポート 写真 前髪 ぱっつん 目 眉毛 ピン

パスポート 写真 前髪 ぱっつん 目 眉毛 ピン

OK 前髪ぱっつんでも、目や耳などの顔の器官や輪郭が隠れていないのでOKです。
NG1 前髪が目を隠しているのでNGです。
NG2 前髪が目を隠していなくても、髪のサイドが耳を隠しているのでNGです。
NG3 顔の器官を隠していませんが、ヘアバンドで頭部が隠れているのでNGです。
NG4 アクセサリーのようなヘアピンが耳を隠しているのでNGです。

パスポート申請写真 髪型ロングの具体例

パスポート申請用写真として、髪型がロングの時に、申請が通る例と通らない例を図示します。

パスポート 写真 髪型 ロング 結ぶ 耳

OK 髪型がロングでも、前髪が目や耳などの器官や輪郭を隠していないのでOKです。
NG1 前髪が耳や顔の輪郭を隠しているのでNGです。
NG2 前髪が耳や目を隠しているのでNGです。

最後に

パスポート申請用の写真で、前髪が眉毛にかかっていても問題ないかについてまとめました。目にかかっていなければ、眉毛にかかっていても、問題ありません。

パスポートは、運転免許証と同等の本人確認資料としての効力を持ちます。その効力は、日本国内だけではなく、海外でも強く働きます。偽造したり、盗んででも手に入れたい人もいるほどです。それが故に厳格に規約が決まっていますし、明確に本人を特定できる写真が必要となってきます。申請が通らなかったときは、がっかりしたり、憤りを覚えてしまうこともあるかもしれません。しかし、「それほど重要な事」であると理解して、規約通りに写真を提出しましょう!

スポンサーリンク

-雑学・豆知識
-, , , , , , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 今日を生きるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.